トップページへ

 


2017

    平成29年度園芸学会春季大会@日本大学生物資源科学部(3/19-20)

  • トウガラシ(Capsicum chinense)の雑種第一代で現れる自動着果機構の解明
    山崎 彬・細川宗孝 2017.
    園学研. 16別1: 128.
  • UV-B照射によるシソおよび赤キャベツスプラウトの生育および機能性への効果
    伊藤隆太郎・立澤文見・細川宗孝 2017.
    園学研. 16別1: 368.
  • ダリア‘祝盃’から発生した枝変わり品種群の花色変異
    山田晴香・加藤泰成・出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 2017.
    園学研. 16別1: 435.

    平成29年度園芸学会秋季大会@酪農学園大学(9/2-4)

  • 有機薄膜太陽電池を設置した温室における日射量の予測値と実測値との比較検証
    寺中恭介・池田知司・滝澤理仁・土井元章 2017.
    園学研. 16別2: 192.
  • 近縁アブラナ科植物への接ぎ木によるキャベツの無低温処理・早期開花系
    元木航・土井元章・細川宗孝 2017.
    園学研. 16別2: 227.
  • 核SSRマーカーおよびITS領域によるインドネシア産アジサイの系統解析
    片山千絵・礼埜高志・北村嘉邦・上町達也・Elly Kesumawati・細川宗孝 2017.
    園学研. 16別2: 276.
  • バラアーチングにおける1日の炭素収支をシミュレートするシステムダイナミクスモデルの構築
    小野伊織・森聡太・稲本勝彦・後藤丹十郎・土井元章 2017.
    園学研. 16別2: 313.
  • Effects of light conditions involved in cold treatment on disappearance of two viroids infecting to chrysanthemum and on regeneration of cryotherapy
    Li, J-W., T. Nabeshima and M. Hosokawa 2017.
    園学研. 16別2: 322.
  • 光透過型有機薄膜太陽電池の温室への設置が抑制栽培のトマト生産に及ぼす影響
    間合絵里・滝澤理仁・中崎鉄也・土井元章・北島宣 2017.
    園学研. 16別2: 444.

2016

    28th International Conference on Polyphenols (ICP2016)@Vienna, Austria (7/11-15)

  • The mystery of black dahlia: Chemical, biochemical and biological aspects
    Ohno S. (Invited speaker for the closing lecture)
    28th International Conference on Polyphenols (ICP2016)

    16th Eucarpia Capsicum and Eggplant Meeting @ Kecskemet, Hungary (9/12-14)

  • Digestion of chrysanthemum stunt viroid (CSVd) by leaf extents of Capsicum chinense attributes to strong RNase activity.
    Iraklis B, Miyashita E, Onda M, Hosokawa M.
    16th Eucarpia Capsicum and Eggplant Meeting P4-03

    2nd Asian Horticultural Congress (AHC2016)@Chengdu, China (9/26-28)

  • Post-transcriptional gene silencing of chalcone synthase is associated with petal color lability of a bicolor flowering dahlia
    Ohno S, Hori W, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M. (Invited for Keynote speech)
    2nd Asian Horticultural Congress (AHC2016) C-Keynote speech 1
  • A simulation of seasonal changes in radiant flux energy in a greenhouse installed with light-transmitting organic photovoltaics
    Teranaka K, Ikeda T, Doi M.
    2nd Asian Horticultural Congress (AHC2016) C-0071
  • Visible rays alleviate damage by UV-B irradiation to perilla leaves
    Hosokawa M, Ota N, Nabeshima T, Aoki S, Awano T, Osakabe M.
    2nd Asian Horticultural Congress (AHC2016) D-0017

    Latest Advances in Plant Development & Environmental Response

    Cold Spring Harbor Conferences Asia (CSHA2016)@Awaji, Japan (11/29-12/2)

  • Different flower color changes induced by the infection with tobacco streak virus (strain dahlia) among bicolor dahlia cultivars
    Deguchi A, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M, Ohno S.
    Latest Advances in Plant Development & Environmental Response (CSHA2016) 46
  • Post-transcriptional gene silencing of chalcone synthase plays an important role in petal color lability of bicolor flowering dahlia
    Ohno S, Hori W, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M.
    Latest Advances in Plant Development & Environmental Response (CSHA2016) 124

    平成28年度園芸学会春季大会@東京農業大学(3/25-27)

  • アカジソへのUV-B照射による葉中ペルオキシダーゼ活性の上昇
    細川宗孝・大田奈央・出口亜由美・大野 翔・青木慎一・刑部正博 2016.
    園学研. 15別1: 179.
  • UV-B照射によるシソ葉のダメージは昼夜で異なる
    大田奈央・刑部正博・青木慎一・細川宗孝 2016.
    園学研. 15別1: 180.
  • バラの切り上げアーチング方式における折り曲げ枝で獲得した炭素の分配
    後藤丹十郎・磯部知里・増田美華・田中義行・安場健一郎・吉田裕一・石岡巌・梶原真二・土井元章 2016.
    園学研. 15別1: 225.
  • 複色花ダリア‘ 結納’のフラボノイドを蓄積しない葉におけるCHSの転写後ジーンサイレンシング
    大野 翔・保里和香子・細川宗孝・立澤文見・土井元章 2016.
    園学研. 15別1: 429.
  • ダリア花弁のシアニジン系アントシアニンの蓄積割合を制御する候補因子
    出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 2016.
    園学研. 15別1: 431.
  • キク矮化ウイロイド(CSVd)抵抗性のキク品種‘ 鞠風車’におけるCSVdの接種葉での増殖
    鍋島朋之・土井元章・細川宗孝 2016.
    園学研. 15別1: 445.

    平成28年度園芸学会秋季大会@名城大学(9/10-12)

  • Capsicum属の葉が持つRNase活性の特徴と遺伝的特性
    細川宗孝・宮下英理子・恩田麻由・安井康夫 2016.
    園学研. 15別2: 213.
  • 複色花ダリアの複色模様形成を引き起こす候補遺伝子
    大野 翔・保里和香子・細川宗孝・立澤文見・土井元章 2016.
    園学研. 15別2: 490.

2015

    Viroid-2015 International Conference on Viroids and Viroid-Like RNAs@Budweis, Czech Republic (6/25-28)

  • Screening of CSVd resistant cultivars in chrysanthemum
    Nabeshima T, Doi M, Hosokawa M.
    Viroid-2015 International Conference on Viroids and Viroid-Like RNAs.

    8th International Workshop on Anthocyanins (IWA2015)@Montpellier, France (9/16-18)

  • Involvement of simultanious post-transcriptional silencing of multiple chalcone synthase genes in petal color lability of a bicolor flowering dahlia
    Ohno S, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M.
    8th International Workshop on Anthocyanins. S1-P13.
  • Higher contribution of cyanidin-3-malonylglucoside-5-glucoside to black flower coloring than pelargonidin-based counterpart in dahlia.
    Deguchi A, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M, Ohno S.
    8th International Workshop on Anthocyanins. S2-P22.

    平成27年度園芸学会春季大会@千葉大学(3/28-29)

  • 黒色系ダリアではタバコ条斑ウイルスの感染により花弁にフラボンが蓄積される
    出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 2015.
    園学研. 14別1: 208.
  • ブーゲンビレアの抽出液によるベンサミアナタバコへのPMMoV, PVX, TSWVおよびCSVdの感染回避
    I.N.ブブラカス・細川宗孝 2015.
    園学研. 14別1: 209.
  • キクわい化ウイロイドの感染抑制剤としてのブーゲンビレアとカプシカムの混合抽出
    I.N.ブブラカス・細川宗孝 2015.
    園学研. 14別1: 210.
  • セントポーリア周縁キメラ品種において不定芽由来植物でみられる花色分離の品種間差は不定芽形成時の各細胞層の細胞分裂活性に起因する
    本田慶太・鍋島朋之・大野 翔・土井元章・細川宗孝 2015.
    園学研. 14別1: 222.

    平成27年度園芸学会秋季大会@徳島大学(9/25-28)

  • アグロインフィルトレーション法によるキクわい化ウイロイドの接種
    鍋島朋之・土井元章・細川宗孝 2015.
    園学研. 14別2: 244.
  • 複色花ダリアにおける不安定な花色は葉のフラボノイド蓄積と関連する
    保里和香子・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 2015.
    園学研. 14別2: 247.
  • セントポーリア花弁に蓄積する黄色色素の同定
    出口亜由美・大野 翔・立澤文見・土井元章・細川宗孝 2015.
    園学研. 14別2: 248.
  • BougainvilleaCapsicumの葉抽出液によるPMMoVの感染抑制メカニズム
    I.N.ブブラカス・恩田麻由・鍋島朋之・細川宗孝 2015.
    園学研. 14別2: 303.
  • ダリア花弁の黒色化に対する各種アントシアニンの寄与度の定量的評価
    出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 2015.
    園学研. 14別2: 554.
2014

    29th International Horticultural Congress & Exhibition (IHC2014)@Brisbane, Australia(8/17-22)

  • A basic helix-loop-helix transcription factor, DvIVS contributes to diverse flower colours in dahlia.
    Ohno S, Deguchi A, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M.
  • The mechanism for black flower colouring in dahlia.
    Deguchi A, Ohno S, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M.
  • Pinwheel phenotype of Saintpaulia petals is resulted from periclinal cell divisions of epidermal layer.
    Hosokawa M, Ohnishi M, Deguchi A, Ohno S, Doi M.
  • In vitro method for screening of CSVd-resistant Chrysanthemum cultivars.
    Nabeshima T, Hosokawa M, Doi M.
  • Screening genes relating to chrysanthemum stunt viroid infection to Nicotiana benthamiana
    Yang S J, Yasui Y, Nabeshima T, Suzuki N, Kanda H, Doi M, Hosokawa M.
  • Developing a protocol for adventitious shoot regeneration of saffron (Crocus sativus) for mutation breeding and genetic engineering.
    Yanagawa K, Sharaf-Eldin M, Doi M, Hosokawa M.
  • Postharvest disorders and calcium-dependent signal transduction of harvest in Canna leaves.
    Hiraki S, Doi M, Wakita M.

    27th International Conference on Polyphenols (ICP2014)@Nagoya, Japan(9/2-6)

  • A multiplex PCR-based bioassay system for assessing the occurrence of somaclonal variation using variegated Saintpaulia.
    Matsuda S, Sato M, Ohno S, Yang S J, Doi M, Hosokawa M.

    平成26年度園芸学会春季大会@筑波大学(3/29-30)

  • トウガラシ2種間における葉抽出液のRNase活性の違い
    細川宗孝・神田紘子・恩田麻由・小枝壮太・鍋島朋之・土井元章 2014.
    園学研. 13別1: 312.
  • サフランのin vitroでの不定芽誘導における問題点の抽出
    柳川開・M. Sharaf-Eldin・土井元章・縄田栄治・細川宗孝 2014.
    園学研. 13別1: 394.
  • 切断したカンナ葉での機械ストレス刺激の伝達におけるカルシウムイオンの役割
    土井元章・平木創太郎・脇田牧子 2014.
    園学研. 13別1: 416.
  • セントポーリア不定芽由来の組織培養変異の発生には外植体に既存の変異細胞はほとんど関与しない
    細川宗孝・松田沙弓・大野 翔・土井元章 2014.
    園学研. 13別1: 421.

    平成26年度園芸学会近畿支部大会@キャンパスプラザ京都(8/10)

  • ダリア‘ 祝盃’ から生じた枝変わり品種群の花色変異機構の解析
    加藤泰成・出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 2014.
  • ダイコンの構成的花成促進経路の存在について
    土井元章・田内康裕・大野翔・細川宗孝 2014.

    平成26年度園芸学会秋季大会@佐賀大学(9/27-29)

  • トウガラシ果実における発散香気成分とカプサイシノイドおよびカプシノイド含量との関係解析
    土井元章・久保田瑞季・小枝壮太・大野翔・細川宗孝 2014.
    園学研. 13別2: 207.
  • キクにおけるキクわい化ウイロイド(CSVd)の細胞内分布
    鍋島朋之・粟野達也・土井元章・細川宗孝 2014.
    園学研. 13別2: 516.
  • シアニジン系アントシアニンはぺラルゴニジン系アントシアニンよりもダリア花弁の黒色化への寄与が大きい   
    出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章・大野 翔 2014.
    園学研. 13別2: 535.
  • 複色花ダリア‘ 結納’で発生した単色花弁を生じやすい系統
    大野翔・細川宗孝・土井元章 2014.
    園学研. 13別2: 540.
2013

    7th International Workshop on Anthocyanins (IWA2013)@Porto, Portugal(9/9-11)

  • High cyanidin content contributes to black flower color in the Dahlia.
    Deguchi A, Ohno S, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M.
    The 7th International Workshop on Anthocyanins. P78.
  • Regulation of anthocyanin synthesis in dahlia by a basic helix-loop-helix transcription factor DvIVS
    Ohno S, Deguchi A, Hosokawa M, Tatsuzawa F, Doi M.
    The 7th International Workshop on Anthocyanins. O21.

    平成25年度園芸学会春季大会@東京農工大学(3/23-24)

  • 黒色系ダリアでは花弁のシアニジン量が多い
    出口亜由美・大野 翔・細川宗孝・立澤文見・土井元章 2013.
    園学研. 12別1: 175.
  • 異なる種類の植物における葉の抽出液が持つRNase活性の比較
    細川宗孝・神田紘子・土井元章 2013.
    園学研. 12別1: 235.
  • シシトウ果実におけるカプサイシン合成関連遺伝子の発現解析
    土井元章・松原幸子・小枝壮太 2013.
    園学研. 12別1: 321.
  • ダリア花弁のアントシアニン高蓄積に関わるDvIVSハプロタイプ
    大野 翔・出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章 2013.
    園学研. 12別1: 422.

    平成25年度園芸学会秋季大会@岩手大学(9/20-22)

  • 超微小茎頂分裂組織培養法を用いた短期間のキクわい化ウイロイド抵抗性の評価
    鍋島朋之・細川宗孝・矢野志野布・大石一史・土井元章 2013.
    園学研. 12別2: 204.
  • トランスポゾンの切り出しによるセントポーリアの組織培養変異を引き起こす環境要因の探索
    細川宗孝・松田沙弓・大野 翔・土井元章 2013.
    園学研. 12別2: 456.
  • 黒色系ダリア‘ 黒蝶’における赤紫色花の出現にはタバコ条斑ウイルス様ウイルスの感染が関与する
    出口亜由美・大野 翔・細川宗孝・立澤文見・土井元章 2013.
    園学研. 12別2: 514.
2012

    10th International Congress on Plant Molecular Biology (IPMB2012)@Jeju, Korea(10/21-26)


  • The bHLH transcription factor DvIVS regulates floral anthocyanin contents in Dahlia cultivars.
    Ohno S, Deguchi A, Hosokawa M, Doi M.
    10th International Congress on Plant Molecular Biology 2012 Jeju BT63

    平成24年度園芸学会春季大会@大阪府立大学(3/28-29)

  • トウガラシ葉の粗抽出液がもつ強いRNA分解活性
    Iraklis Boubourakas・神田紘子・細川宗孝・土井元章 2012.
    園学研. 11別1: 90.
  • 自然変異によるトウガラシの生育温度域での温度反応性形質は恒温性地域において潜在化する
    小枝壮太・細川宗孝・土井元章 2012.
    園学研. 11別1: 91.
  • FLOWRING LOCUS Cの発現から見たダイコンの低温および高温遭遇に対する花成反応
    土井元章・村石悠介・細川宗孝 2012.
    園学研. 11別1: 166.
  • ダリア黒色系品種の花弁におけるFlavone synthaseの発現抑制
    大野 翔・出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章 2012.
    園学研. 11別1: 200.
  • 収穫前のNaCl灌液処理に対するホウレンソウの反応
    水田洋一・川勝貴史・土井元章・松村康生・江口 由 2012.
    園学研. 11別1: 360.
  • キクわい化ウイロイド(CSVd)抵抗性キク品種におけるCSVd生体内分布
    細川宗孝・鍋島朋之・矢野志野布・大石一史・土井元章 2012.
    園学研. 11別1: 450.
  • キクわい化ウイロイドはモデル植物であるNicotiana benthamianaに感染する
    細川宗孝・鈴木直裕・神田紘子・土井元章 2012.
    園学研. 11別1: 452.

    平成24年度園芸学会秋季大会@福井県立大学(9/22-23)

  • ダリア花色の多様性機構の解明(公開シンポジウム V花色発現を制御する諸要因)
    細川宗孝 2012.
    園学研. 11別2: 60-61.
  • ダリア花弁のアントシアニン合成に関与する転写因子DvIVS のプロモーターの遺伝子型と花色の濃淡との関係
    大野 翔・出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章 2012.
    園学研. 11別2: 484.
  • 組織培養苗を用いた赤白複色花ダリア‘結納’における花色不安定性の緩和
    大野 翔・細川宗孝・土井元章 2012.
    園学研. 11別2: 485.
  • 室内での培地滅菌と外植体置床において数種の薬剤の併用により微生物汚染率と簡便性が向上する
    水田洋一・小川大輔・大久保智史・東出奈穂子・水谷祐一郎矢澤 進・土井元章 2012.
    園学研. 11別2: 501.
2011

    平成23年度園芸学会春季大会@宇都宮大学(3/20-21)

  • キクわい化ウイロイドに抵抗性を持つキク品種の探索
    細川宗孝・鍋島朋之・矢野志野布・大石一史・土井元章 2011.
    園学研. 10別1: 204.
  • ダリア花弁の純白化に関わる2種類のCHSの同時的転写後分解
    細川宗孝・大野 翔・星野 敦・立澤文見・土井元章 2011.
    園学研. 10別1: 223.
  • ダリアにおける花弁のアントシアニン含量とDvIVS発現量との関わり
    細川宗孝・出口亜由美・大野 翔・立澤文見・土井元章 2011.
    園学研. 10別1: 425.
  • シュッコンカスミソウ切り花の賦香・変香技術の開発
    土井元章・亀岡真帆・谷一道・羽田野昌二 2011.
    園学研. 10別1: 461.

    平成23年度園芸学会秋季大会@岡山大学(9/24-26)

  • 赤白複色花ダリアから発生する単色花シュートでは葉のCHS発現量が異なる
    大野 翔・細川宗孝・星野 敦・立澤文見・土井元章 2011.
    園学研. 10別2: 240.
  • 大量スクリーニング法を利用したキクわい化ウイロイド抵抗性品種の探索
    細川宗孝・鍋島朋之・矢野志野布・大石一史・土井元章 2011.
    園学研. 10別2: 270.
  • セントポーリア花弁の縞模様の形成に関わる表皮細胞の並層分裂
    細川宗孝・大西美輝・後藤真理子・佐藤 充・土井元章 2011.
    園学研. 10別2: 279.
  • シシトウ果実の辛味果発生と環境要因との多変量解析
    土井元章・松原幸子・田中義行 2011.
    園学研. 10別2: 472.
  • ダリア黒色花弁にみられるフラボノイド系色素の特徴的な蓄積
    大野 翔・出口亜由美・細川宗孝・立澤文見・土井元章 2011.
    園学研. 10別2: 564.

    日本植物学会第75回大会@東京大学(9/17-19)

  • 傷害応答と収穫後生理に関わる園芸学の課題
    土井元章 2011.
    日本植物学会第75回大会 1aJ04.
  • トウガラシ‘Sy-2’の防御応答は生育温度が24℃を下回ると誘導される
    小枝壮太・細川宗孝・B.C. Kang・田中千尋・D. Choi・佐野 智・椎名 隆・土井元章・矢澤 進 2011.
    日本植物学会第75回大会 1pG09.

2010

    28th International Horticultural Congress (IHC2010)@Lisboa, Portugal(8/22-27)

  • Postharvest Photooxidative Disorders in Canna Leaves
    Doi M, Wakita M, Takizawa Y, Hirose N, Hosokawa M.
    28th International Horticultural Congress 2010 Lisboa S02.97
  • Capsinoid Biosynthesis of Nonpungent Pepper Cultivars Is Caused by Loss-of-Function Mutations in a Putative Aminotransferase Gene
    Tanaka Y, Hosokawa M, Miwa T, Watanabe T, Doi M, Yazawa S.
    28th International Horticultural Congress 2010 Lisboa S04.272
  • Repair of Partially Wounded Chrysanthemum Shoot Apical Meristems After Bombardment
    Hosokawa M, Suzue H, Doi M.
    28th International Horticultural Congress 2010 Lisboa S05.213
  • Root Zone Restriction and Phosphorus Deficiency Associated with Flower Colour Expression in Bicolour-Flowering Dahlia
    Hosokawa M, Ohno S, Doi M.
    28th International Horticultural Congress 2010 Lisboa S09.315
  • Gene Expression during Dramatic Developmental Changes of a Capsicum chinense Cultivar Native to the Seychelles at Temperatures below 24℃
    Koeda S, Hosokawa M, Kang B, Choi D, Doi M, Yazawa S.
    28th International Horticultural Congress 2010 Lisboa S13.281

    平成22年度園芸学会春季大会@日本大学(3/21-22)

  • ダリア花弁のアントシアニン合成制御にはbHLH 様転写因子DvIVS が関与する
    細川宗孝・大野 翔・北村嘉邦・児島未沙・星野 敦・立澤文見・土井元章 2010.
    園学研. 9別1: 209.
  • ダリアの白色花弁化に関与する2つの異なるメカニズム
    細川宗孝・児島未沙・大野 翔・立澤文見・土井元章 2010.
    園学研. 9別1: 210.
  • 遺伝子マーカーを用いたカプシノイドを含む生食用トウガラシ品種の育成
    田中義行・細川宗孝・渡辺達夫・土井元章・矢澤 進 2010.
    園学研. 9別1: 332.
  • セントポーリア‘タミレス’の培養変異を検出する遺伝子マーカーの作出
    細川宗孝・佐藤 充・土井元章 2010.
    園学研. 9別1: 396.

    平成22年度園芸学会秋季大会@大分大学(9/19-20)

  • オートクレーブとクリーンベンチを用いない簡易組織培養における微生物汚染率の低減
    水田洋一・宮坂清昭・村石悠介・土井元章 2010.
    園学研. 9別2: 298.
  • 花弁に斑をもつセントポーリア‘タミレス’の葉身上に存在する変異細胞率の定量
    細川宗孝・佐藤 充・土井元章 2010.
    園学研. 9別2: 299.
  • ダリア純白花弁における2種類のCHSの転写後抑制
    細川宗孝・大野 翔・星野 敦・立澤文見・土井元章 2010.
    園学研. 9別2: 520.
  • 光酸素ストレスによるカンナ葉の収穫後の褐変障害
    土井元章・脇田牧子・細川宗孝 2010.
    園学研. 9別2: 571.

2009
  • 生育適温下でセーシェル産トウガラシの葉に生じる異常な細胞分裂
    小枝壮太・細川宗孝・矢澤 進 2009.
    園学研. 8別1: 123.
  • リンが花弁のアントシアニン合成を制御するペチュニアの組織培養後代で多発する白花個体
    細川宗孝・後藤真理子・山口有希・矢澤 進 2009.
    園学研. 8別1: 244.
  • アジサイ花房におけるファイトプラズマ感染による装飾花形成数の増加
    北村嘉邦・細川宗孝・上町達也・矢澤 進 2009.
    園学研. 8別1: 250.
  • 新規機能性成分カプシノイドを含むわが国の非辛味トウガラシ在来品種
    田中義行・米田祥二・矢澤 進 2009.
    園学研. 8別1: 348.
  • 大型容器とセルシートを組み合わせた,非加熱滅菌による屋内有菌下での組織培養法の開発
    水田洋一・村石悠介・辰巳直子・宮坂清昭・矢澤 進 2009.
    園学研. 8別1: 437.
  • トウガラシ果実における新規機能性物質カプシノイドの生合成にはp-AMT遺伝子の変異が関与する. 
    田中義行・細川宗孝・三輪哲也・土井元章・矢澤 進 2009.
    園学研. 8別2: 162.
  • 非加熱滅菌法を用いた簡易液体培養における微生物汚染の低減と植物の成育促進
    水田洋一・宮坂清昭・辰巳直子・土井元章・矢澤 進 2009.
    園学研. 8別2: 308.
  • ダリア花弁のアントシアニンおよびカルコン/オーロン発現に関わる花色遺伝子の探索
    細川宗孝・大野 翔・北村嘉邦・児島未沙・中島明子・星野 敦・立澤文見・土井元章 2009.
    園学研. 8別2: 528.
  • 花弁に斑を有するセントポーリアの組織培養後代における花色変異体の発生に関わるトランスポゾン
    細川宗孝・佐藤 充・土井元章 2009.
    園学研. 8別2: 530.
  • ヘリクリサム(Helichrysum bracteatum)をはじめとしたいくつかの乾膜質な花葉組織における中性糖の組成
    伊藤弘顕・粟野達也・東 順一・細川宗孝・土井元章 2009.
    園学研. 8別2: 563.

2008

  • Characterization and Mapping of a Temperature-sensitive Mutant sy-2
    Song Ji An, Jinjie Li, Heung-Ryul Lee, Hyoun-Joung Kim, Byoung-Cheorl Kang, Sota Koeda, and Munetaka Hosokawa 2008.
    The First Asian Horticultural Congress, Jeju, Korea.
  • Dramatic Developmental Change of the Native Capsicum chinense from Seychelles in Relative Warm Temperature around 24℃
    Sota Koeda, Munetaka Hosokawa, Byoung-Cheorl Kang, Doil Choi, and Susumu Yazawa 2008.
    The First Asian Horticultural Congress, Jeju, Korea.
  • 圧縮空気を利用した茎頂分裂組織の露出装置の開発
    細川宗孝・鈴江久尚・矢澤 進 2008.
    園学研. 7別1: 198.
  • 明期終了時の赤色・遠赤色蛍光灯補光がヒマワリの開花と花序の構成に及ぼす影響
    林 孝洋・西川久仁子・矢澤 進 2008.
    園学研. 7別1: 223.
  • キクわい化ウイロイドに強い抵抗性を持つキク植物体の選抜
    細川宗孝・尾森仁美・矢澤 進 2008.
    園学研. 7別1: 228.
  • 生育適温下で生じるセーシェル産トウガラシの生育障害に関与する遺伝子の探索
    小枝壮太・細川宗孝・矢澤 進 2008.
    園学研. 7別1: 384.
  • ヘリクリサムをはじめとした様々な植物の乾膜質な花葉組織における二次的な細胞壁の形成
    伊藤弘顕・西川久仁子・粟野達也・細川宗孝・矢澤 進 2008.
    園学研. 7別1: 415.
  • 非加熱滅菌法による植物の簡易液体培養
    水田洋一・辰巳直子・宮坂清昭・村石悠介・矢澤 進 2008.
    園学研. 7別2: 230.
  • キクわい化ウイロイド(CSVd)抵抗性を異にするキクの茎頂部でのCSVdの分布
    細川宗孝・尾森仁美・矢澤 進 2008.
    園学研. 7別2: 310.
  • 水・肥料の利用効率を考慮した切り花アンスリウムの立体栽培システム
    林 孝洋・向 佐登司・矢澤 進 2008.
    園学研. 7別2: 343.
  • ヘリクリサム(Helichrysum bracteatum)の花葉組織における二次的な細胞壁の形成過程
    伊藤弘顕・西川久仁子・粟野達也・吉永 新・細川宗孝・矢澤 進 2008.
    園学研. 7別2:, 344.
  • ファイトプラズマ感染によるアジサイ花器官の形態変化に関わる遺伝子群の発現解析
    北村嘉邦・細川宗孝・上町達也・矢澤 進 2008.
    園学研. 7別2: 345.
  • 新規に育成した低温耐性トウガラシ(Capsicum baccatum)品種
    矢澤 進・脇田牧子・田中義行 2008.
    園学研. 7別2: 492.

2007

  • カプシカム属植物の果実に含まれるコニフェリルアルコール系新規カプサイシノイド類似物質
    田中義行・大津圭吾・渡辺達夫・矢澤 進 2007.
    園学研. 6別1: 442.
  • 非加熱滅菌による簡易液体培養法の開発
    辰巳直子・水田洋一・矢澤 進 2007.
    園学研. 6別1: 474.
  • ヘリクリサムの乾膜質苞葉における二次的な細胞壁の形成
    西川久仁子・伊藤弘顕・粟野達也・細川宗孝・矢澤 進 2007.
    園学研. 6別1: 498.
  • 25℃付近で生じるセーシェル産トウガラシの縮葉発現-温度に反応し、縮葉になる葉の生育ステージの特定-
    小枝壮太・細川宗孝・矢澤 進 2007.
    園学研. 6別2: 250.
  • 花弁の質感発現について−その光学的実体と目による認知−
    張 暘・林 孝洋・細川宗孝・矢澤 進 2007.
    園学研. 6別2: 312.
  • JHPファイトプラズマによって引き起こされるアジサイの各花器官における形態変化
    北村嘉邦・細川宗孝・矢澤 進 2007.
    園学研. 6別2: 342.
  • 難除去性病原体であるタバコ条斑ウイルスのダリア茎頂近傍における分布
    中島明子・細川宗孝・仲 照史・矢澤 進 2007.
    園学研. 6別2: 343.

2006

  • ニオイゼラニウムの香気成分(Pelargonium spp)-SPME法を用いた香気分析法の検討
    林 孝洋・田中俊輔・矢澤 進・松村康生・畑 明莉・村上 博・瀬戸栄里・田中康雄・吉田昌弘・岩渕梨沙・宮脇英昭 2006.
    園学研. 5別1: 186.
  • ニオイゼラニウムの香気成分(Pelargonium spp)-ニオイゼラニウムと食品の香気成分の比較
    林 孝洋・田中俊輔・矢澤 進・畑 明莉・村上 博・瀬戸栄里・松村康生・田中康雄・吉田昌弘・岩渕梨沙・宮脇英昭 2006.
    園学研. 5別1: 187.
  • 抗菌物質処理後に外植体を塩素溶液でぬらせば,クリーンベンチ不要で一度に多数置床できる
    水田洋一・東出奈穂子・矢澤 進 2006.
    園学研. 5別1: 188.
  • キクの茎頂分裂組織における2種のウイロイドの検出
    細川宗孝・川部 崇・矢澤 進 2006.
    園学研. 5別1: 408.
  • ダリアにおけるキクわい化ウイロイドの感染
    細川宗孝・中島明子・前田茂一・矢澤 進 2006.
    園学研. 5別1: 409.
  • アジサイの茎頂近傍に存在する表在性細菌の除去
    北村嘉邦・細川宗孝・矢澤 進 2006.
    園学研. 5別2: 310.
  • 食品添加物と煮沸を併用して培地を滅菌すると長期間の植物培養でも微生物汚染されない
    水田洋一・東出奈穂子・矢澤 進 2006.
    園学研. 5別2: 311.
  • 花弁におけるベルベット様光沢の光学的発現機構について
    張 暘・林 孝洋・細川宗孝・矢澤 進 2006.
    園学研. 5別2: 336.
  • ヘリクリサムの乾膜質総苞片の発達初期に見られる細胞核の消失
    伊藤弘顕・西川久仁子・細川宗孝・矢澤 進 2006.
    園学研. 5別2: 342.
  • キクわい化ウイロイドの濃度上昇が遅いキク品種の探索
    細川宗孝・芝 勇人・矢澤 進 2006.
    園学研. 5別2: 353.
  • 天然の色素をもつ加工花の作製にむけた体内水分と保存液との置換法の改善
    伊藤弘顕・林 孝洋・橋本昌樹・宮川克郎・中村早織・矢澤 進 2006.
    園学研. 5別2: 430.


2005

  • ペチュニア'マジックサンバ'の花色発現機構はリンが制御する
    細川宗孝・三甲野祥子・山内孝悦・高濱雅幹・矢澤 進. 2005.
    園学研. 4別1:147.
  • ファイトプラズマに感染したアジサイの装飾花の萼片の緑色化は葉への器官変化によるものである.
    エリー ケスマワティ・細川宗孝・上町達也・矢澤 進. 2005.
    園学研. 4別1:202.
  • 非辛味新規機能性物質カプシノイドを生成する生食用トウガラシ品種の育成.
    矢澤 進・大津圭吾・米田祥二・丹羽昌二・林 孝洋. 2005.
    園学研. 4別1:313.
  • 塩素の分割添加とショ糖エステルの添加で生物由来の複雑な物質を含む培地を圧力釜なしで滅菌できる.
    水田洋一・東出奈穂子・矢澤 進. 2005.
    園学研. 4別1:463.
  • 少量低pHの高濃度塩素溶液で容器と外植体を充分ぬらせば通常室内でも多くの外植体を一度に置床できる.
    水田洋一・廣田智統・矢澤 進. 2005.
    園学研. 4別1:464.
  • キクの微小組織からのmicro tissue-direct PCRを用いたキククロロティックモトルウイロイドの高感度検出.
    細川宗孝・松下陽介・内田寛子・矢澤 進. 2005.
    園学研. 4別1:465.
  • ファイトプラズマ感染によって緑色花化の安定する品種ではファイトプラズマ濃度が高い.
    エリー ケスマワティ・北村嘉邦・上町達也・細川宗孝・矢澤 進. 2005.
    園学研. 4別2:217.
  • 塩素,ショ糖エステルおよびグリシンの添加が培地の煮沸殺菌効果に及ぼす影響.
    水田洋一・東出奈穂子・矢澤 進. 2005.
    園学研. 4別2:223.
  • ベゴニア・レックス(Begonia rex)の葉に生じる金属様光沢とその発現機構.
    張 暘・林 孝洋・細川宗孝・矢澤 進. 2005.
    園学研. 4別2:509.
  • Multiplex micro tissue-direct RT-PCRによるキクに感染する2種のウイロイドの同時検出.
    細川宗孝・矢澤 進. 2005.
    園学研. 4別2:514.
  • 天然の色素をもつ加工花の作製にむけた体内水分と保存液との置換法.
    林 孝洋・伊藤弘顕・橋本昌樹・宮川克郎・中村早織・矢澤 進. 2005.
    園学研. 4別2:557.

2004

  • 有菌下培養において静・殺菌剤の添加が微生物のコロニー形成に及ぼす影響.
    水田洋一・水谷祐一郎・矢澤 進. 2004.
    園学研. 3別1:145.
  • 花弁表皮細胞の微細構造が花弁の反射光に及ぼす影響.
    林 孝洋・小山由利子・矢澤 進. 2004.
    園学研. 3別1:149.
  • 明期終了時に放射光の赤色光エネルギー比を高めるとペチュニアの開花が促進される.
    林 孝洋・池本聡美・橋本昌樹・宮川克郎・中村早織・矢澤 進. 2004.
    園学研. 3別1:332.
  • セントポーリアにおける摘葉による低温障害の感受性増大.
    梁 修静・北村嘉邦・細川宗孝・矢澤 進. 2004.
    園学研. 3別1:447.
  • 根への移植培養を利用した強い単為結果性を有するトマト品種の茎頂分裂組織培養法の確立.
    細川宗孝・勝村聡子・矢澤 進. 2004.
    園学研. 3別1:474.
  • トウガラシ幼植物の葉茎菜としての利用および茎葉に含まれる生理的機能性物質の探索.
    矢澤 進・大津圭吾・中村年一・田中義行・山口加乃子. 2004.
    園学研. 3別2:168.
  • ファイトプラズマに感染したアジサイ装飾花の緑花発生の光強度の調節による安定化.
    エリー ケスマワティ・細川宗孝・上町達也・矢澤 進. 2004.
    園学研. 3別2:261.
  • キャベツ根へのキク茎頂分裂組織の移植培養法によるキクわい化ウイロイド除去個体の作出.
    細川宗孝・安田奈菜子・大石一史・矢澤 進. 2004.
    園学研. 3別2:457.
  • アンスリウムの根の形態に対する根域環境の影響-巨視的な観察(トポロジー解析)-.
    林 孝洋・東出奈穂子・矢澤 進. 2004.
    園学研. 3別2:475.
  • アンスリウムの根の形態に対する根域環境の影響-微視的な観察(根の表面・内部構造と活性)-.
    林 孝洋・東出奈穂子・矢澤 進. 2004.
    園学研. 3別2:476.
  • 切り花の花持ち延長技術のための加工処理が花弁の色調に及ぼす影響について.
    林 孝洋・伊藤弘顕・橋本昌樹・宮川克郎・中村早織. 2004.
    園学研. 3別2:477.
  • わが国のキクにおけるキククロロティックモトルウイロイドと見られる病原体の感染.
    細川宗孝・松下陽介・大石一史・矢澤 進. 2004.
    園学研. 3別2:499.