トップページへ
2017年度 研究テーマ一覧


◎バラ生産群落の炭素収支をシミュレートするモデルの構築

◎熱帯におけるアジサイの四季咲き化機構の解明

◎キャベツ‘nfc’に非開花性をもたらす遺伝的要因の解明

◎Elimination of chrysanthemum stunt viroid (CSVd) and chrysanthemum chlorotic mottle viroid (CChMVd) from chrysanthemum using cryotherapy method

◎スプラウトの高品質化および多様化に向けた技術開発

◎トウガラシ(Capsicum spp.)の自動着果性にかかわる遺伝子の同定

◎トウガラシの種間交雑障壁を打破するミトコンドリア遺伝子の特定

◎非開花性キャベツ‘nfc’のプロトプラスト培養個体における開花能力の回復

◎トウガラシにおける環境応答性を獲得する遺伝子配列の特定

◎ダリア‘祝盃’シリーズの花色変異機構およびブテイン合成が生育特性に及ぼす影響

◎セントポーリアの花の模様形成機構の解明

◎ブーゲンビリアの不安定性:ベタレイン生合成経路でもPTGSを生じるか?